サイトのシステムを変更 MP4のタグ編集環境
2月 24

CueProc 1.10をリリースしました. 変更点は以下の通りです.

  • 必要に応じて変数値に含まれる ‘&’, ‘< ', '>‘, ‘|’ をダブルクォーテーションで囲むようにした.
  • キューシートにCATALOGフィールドが存在するときは読み出す.
  • キューシートにCATALOGフィールドが存在するときは読み出す.
  • アートワークのイメージを変数値として解釈するようにした.
  • UTF-8, UCS-16, UCS-32のBOMを自動認識するようにした.
  • FLAC, Nero MP4/AACファイルを生成するときにアートワークを書き出すようにした.
  • キューシートのファイル名が${filename}.cueのとき,${filename}.jpg, ${filename}.jpeg, ${filename}.png, ${filename}.gifをアートワークの画像ファイルの候補として認識するようにした
  • ハハハハ様から提供して頂いたソースコードに基づき,”lame_eyed3″という新しいプラグインを導入した.基本的にlame.exeでMP3ファイルをエンコードしますが,タグの書き出しにeyeD3というPythonライブラリを採用し,ID3v2.3のユニコードタグを作成します.
  • ハハハハ様から提供していただいたコードを参考にして,ソースコードを整理した.

ハハハハ様,いろいろと参考になるコードを提供していただき,ありがとうございました.

2 Responses to “CueProc 1.10 リリース”

  1. ハハハハ Says:

    お久しぶりです。すみません、今更って感じですが・・・

    lame_eyed3において、作成時に
    —-
    ce_lame_eyed3.py(34): self.is_utf8 = True
    —-
    としてあって、getaudioに–utf8オプションが指定されるのですが、この時
    処理対象ファイルのパスに2バイト文字(日本語WindowsだとShiftJIS)が
    含まれているとgetaudioが処理できなくて0バイトのデコードデータを
    出力してしまうようです。当然、エンコードはエラーになります。

    テスト中、ファイル名指定を簡単にするのにASCII文字のみのファイル名を
    持つファイルだけをしていたために気づきませんでした・・・。

    今更気づいたのは、私が普段Ogg Vorbisしか使わないからです:-)

  2. Visit Web Page Says:

    blu electronic cigarette starter kit CueProc 1.10 リリース

Leave a Reply